2011年08月03日

【レポート】 第2回土手会 多摩川編

   
はい! 
それでは、こないだの多摩川 土手会のご報告ですよー!

今回の土手会は、11名の参加希望があり、
当日、体調不良とご都合がつかなくなったおふたりが欠席され、
結局、9名の方が、ご参加くださいましたよ。


ただ、「土手でごろーんとしたい」という、
こんなゆるすぎる企画に参加してくださる方なんて
いるのだろうか……

って、主催側の心配をよそに、
Twitter上では、思った以上に反響も寄せられ、

近くだったら、行きたかったのに……
などの声がいくつもあって、
驚かされました!

やはり、土手でごろーんとする魅力に引き付けられる方って、
たくさんいるんですねー

なんだか、土手愛好家としては、それを知れただけでも嬉しい!


そして、「土手を愛する人に悪人はいない」との、
昔からの言い伝えの通りに、

とっても素敵なメンバーが集まってくださり、
和やかな時間を過ごすことが出来ましたよ☆

・大学生、美大生
・キャンドル作家さん
・専門学生
・主婦
・ホットケーキ好きの技術系会社員 
(土手会をきっかけに連載コーナーがスタートしました。)
・放送作家を目指して勉強中の方
・アルバイト
・イラストレーター

など、年齢も職業も多彩な顔ぶれが集まってくれました。


当日は、台風も心配されていたのに、
運良く好天気に恵まれ、しかも、暑すぎずに、
まさに土手会日和になってくれました!


東急 二子玉川駅に集合してからは、
まずは腹ごしらえということで、

多摩川河川敷にある「海の家(?)」で、
みんなでいっしょにランチをとって、

すっかり打ち解け歓談タイム。

多摩川土手会1.JPG


それから、バドミントンで白熱しすぎて、
少々、バテ気味に。

多摩川土手会2.JPG


みんなで、目的の土手を目指します。

いい感じの土手を見つけられたので、
そろってハイ!チーズ!

多摩川土手会3.JPG

いい表情してますねー

ここでも、子どもみたいに、土手からすべり降りたりして、
すっかりはしゃいでしまい、

疲れてごろーん。

多摩川土手会4.JPG

土手で寝っころがるのって、なんでこんなに気持ちいいのだろー


たまたま、近くに、こんなボランティア団体もいて、
仲良しになりました。

■ きぬたまあそび村 blog
http://asobimura.exblog.jp/

多摩美大の学生さんたちが、ツリーハウスをつくったり、
子育て中の若い親が多摩川ピクニックをしたりして子どもたちと遊んでいるんだって。

子ども向けのアートのワークショップも企画したりしてるそうなので、
ピカリ・アートテラスを運営するジャンク派とも、
なんか連携して楽しいことできたらいいなってお話ししました。


二次会には、ピカリ・アートテラスのチラシも置いてくださってる
近くのお洒落な穴場カフェ DIVA(ディーバ)さんへ、
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13061018/

あまりにトークが盛り上がり、すっかり営業時間を過ぎても居座ってしまってました。
すみません……


今回、ご参加してくださったみなさん、
どうもお疲れ様でした!

素敵なみなさんにお会いできて、
とっても嬉しかったです!


土手会は、また、度々、やっていくつもりです。
次回は、再度、人気の高い荒川土手でするか、
中央線方面に行き多摩川の支流の野川でするか、

いくつか候補地があがっているので、
また、検討してからジャンク派のなかで告知させてもらいますね。

今回、参加できなかった方も、
ご都合が合えば、お気軽にぜひご参加くださいね。
   
   
    
    
土手会ってなぁに…?

第1回 土手会 荒川 告知 報告
第2回 土手会 多摩川 告知1 告知2

   
   
posted by ジャンク派 at 17:27 | Comment(0) | 【土手会】

2011年08月07日

【スタッフ金井レポート】 記念すべきピカリ・アートテラスの初講義に潜入!


また登場しました、スタッフの金井です。
最近の悩みはゲリラ豪雨です。


先日、「ピカリ・アートテラス」第一回目の授業が行われました。

この「ピカリ・アートテラス」は、
前々からジャンク派に集まってるみなさんのなかで構想が練られきた、
プロのイラストレーターを目指す人のための「学びの場」です。

ついにこの度、
みなさんの熱い思いが実って開校しました!!

場所は、東京メトロ 四谷三丁目駅から少し歩いたところにある「四谷ひろば」。
もともとは小学校だったとのことで、いかにも「教室!」といった感じの佇まいです。

[教室の雰囲気はこちらから]


生徒さんが集まったところで、授業開始です。

まずは代表のチェンさんから、「ピカリ・アートテラス」の理念に関する解説。

代表のチェンさん.JPG

こんなに深い考えがあったのかと、ちょっと驚いてしまいました!
(考えてないように見えたわけではないですよ!)


続いて講師陣の先生方の自己紹介です。

吉澤先生.JPG
まずは主任講師の吉澤先生。


奥田先生.JPG
奥田先生。


二階堂先生.JPG
二階堂先生。


画材についての説明.JPG
続いて、奥田先生による画材等々の説明です。
本当に深い。

僕自身は絵のことに関して、全くと言っていいほど知識がなく、
このような説明を聞くのもほぼ初めてでした。

本格的に絵に取り組んでいる人は、小さな画材一つにも手を抜かず、
こんなにも探究心を研ぎ澄ませるんですね。
当たり前のことかもしれませんが、凄いです。


それから休憩を挟み、
生徒さんたちに「自分自身をプレゼンしましょう!」という課題が出されました。

・自分を紹介する為の絵を描いて、
・作品制作の後、制限時間5分でプレゼンする

というものです。


ピカリ・アートテラスでは、
常に実際の現場を想定した、実践的な講義を行っていく方針で、

このように制作だけでなく、
第三者に「伝える」、プレゼンの技法の習得にも重点を置いているのが特徴です。


課題制作.JPG
課題制作中のみなさん。
僕も圧倒されてしまうほどの集中力です。

ちょうど外で、市民オーケストラの演奏会が行われていて、
荘厳な音楽が聞こえてきて…なんだかものすごい風景でした。


奥田先生も制作中.JPG
生徒さんに混ざって絵を描く奥田先生。
プロのイラストレーターの本領発揮といったところでしょうか。


課題制作の時間が終了し、それぞれの発表の時間です。

プレゼンタイム.JPG

熱心にプレゼン.JPG

さすが皆さん上手いですね。
未だにねずみ男しか描けない僕とは、天と地の差です……


全員の発表が終わったところで、先生方による講評にうつります。

鋭い講評.JPG

やはり第一線で活躍されている方の見る目は違いますね……
生徒さんたちも良い刺激になったのではないでしょうか。

僕も描いてみたくなってしまいました。


今回「ピカリ・アートテラス」に来てくださった生徒さんは、
学生さんもいらっしゃいましたが、
今現在企業で働いているという方が多かったですね。(元ボクサーだったという方も!)

しかし皆さん、プロのイラストレーターとなるべく頑張っている方たちでした。
なんだか「同志」ができたような気分になって、すごく勇気付けられてしまいました。

このような人が集まることで、イラストやアートの勉強から広がっていき、
大きな「学びの場」になっていけたらいいですね! 

僕も色々頑張りたいと思います。

授業が終わった後も、講師の先生と一緒に画材を買いに行ったり、先生と話をしたり。
すごく和やかな学校です。

まだまだ生徒さんを募集しているので、
イラストを学びたい方はぜひご連絡ください。

楽しくやっていきましょう!


■ ピカリ・アートテラス 募集要項


  
レポート 金井 孝介 [PROFILE]
   
   
posted by ジャンク派 at 21:23 | Comment(0) | 【ピカリ・アートテラス】