2011年08月23日

【ジャンク派の基地】 まずは構想

  
基地.JPG
    
ジャンク派にとって、みんなが気軽に集える、
基地というかアジトというか、サロンのようになり得る場を設けることは、
僕らにとっての悲願でもあるし、早々に確保したいことでもある。

それには、いったいどういう場が望ましいのか?

ジャンク派始動の当初から、メディアとしてのカタチも模索しながら、
同時に場所づくりの構想を描くための思案も続けてきた。

最初に僕の頭の中にあったイメージとしては、
古い二階建てくらいの一軒家を借りて、
一階部分は、ギャラリー&カフェのようなスペース
そして、二階部分を事務所兼アトリエみたいな感じに出来ればいいなぁというのがあった。

建物は、古くても構わない。
それは、もちろん安く借りられるのが一番助かるからだけど、

むしろ、いわゆる「築古」物件の方が、
味のある面白い場になりそうだからという方が大きい。

ジャンク派に集まってきてるメンバーもみんな、
そういうのを面白がる趣味を持ち合わせているし。

なんといっても、自分たちの創意工夫で、
古い物件に手を加えながら居心地のいい素敵な空間にしていく、
いわゆるリノベーションをしていくことって、
楽しそうだし、クリエイティブだし!

そうそう、だから、物件を借りるときには、
好きなように手を加えてもいいっていうのが、
重要な条件になってくるよね。


お金をかければ、いくらでもオシャレぽいものはできるかも知れないけど、
そんなんは出来て当然だし、
なんというか、面白みに欠けている。

お金をかけれないジャンク派としては、
なんだって自分たちでやっていくつもりで、
智恵を絞り、身体をフルに使ってく方法しかない。

それに、壁をぬれるひと、床をはれるひと、
彫刻科を出たひと、内装できるひと、等など・・・
ジャンク派には頼もしい仲間と人材がたくさんいるんだし!


今はね、ジャンク派の決まったスペースってものはないから、
話し合いや、作業する時ってのは、

四ツ谷、新宿、中野、上野、御茶ノ水、丸の内などの喫茶店で集まったり、
ピカリ・アートテラスが終わったあとに教室で話したりと、

そのつど、場所をころころ変えながらやってる状態で、
まぁ、それはそれで、いろんな場所で話しをするのはいいんだけど、

話し合いの機会が増えるにつれて、
やっぱり核となるような場があるといいなぁというのを、
ますます思うようになってきていた。


ってことで、これから「ジャンク派の基地」を手に入れるまでの道のりを
記録に残していこうと思う。

思考の過程や、見てきたもの、学んだことなどを、
出来るだけ詳しくここに展開していきたい。


僕は、千住の産業センターってところを、
調べ物をしたり、そこの相談員の方に話しをもっていったりして
よく利用させてもらっているのだけど、

そこで、中小企業診断士の方からしてもらった話しがある。

その診断士さんの受け持ったある相談者の人がいて、
その人は、自分のカフェを持ちたいと思っていた人で、

カフェを開業するまでの事業計画などを相談しながら、
同時に物件を探していたんだけど、

なんと一年かけて100軒の店舗物件を実際に見て周ったんだって。

不動産に関してはもちろん素人のひとなんだけど、
多くの物件を見て周るうちに自分なりの視点を得て、
具体的なイメージも描けるようになって、

カフェ開業の事業計画も、
たいへん具体的な素晴らしいものに仕上がっていったらしい。

長年の夢だった自分のお店を開くために、
そのくらい慎重になって、自分の納得いくまで研究を重ねるのは、
ほんとうは当然のことかもしれないね。

けど、100の物件を調査する、その熱意は凄いよね!

この姿勢は、僕もぜひ見習いたいものだなと思った。

そこで、なるべく、多くのモデルケースを見て周り、
できれば話しを聞いていきたいと考えるようになった。

いろんな人にこの「ジャンク派の基地」の話しをしてるんだけど、

ライターの松山貴之さんから、
浅草のLwP(ループと読む)ってとこが
参考になるんじゃないかって教えてもらっていた。

LwP asakusa
http://lwp-a.jugem.jp/

で、こないだグラフィックデザイナーの吉澤さんと打ち合わせの後に、
ちょっと寄ってみよっかってことになって行って参りました。


LwP asakusaは、築54年の元サンダル屋さんを自分たちで改装して
つくったスペースなんだけど、

部活みたいなことをやったり、プロジェクトを生み出していったり、
なんだか、ジャンク派と方向性が似ているし、

サイトを見てても、とっても話しが合いそうだなって思っていた。

それに、1階をカフェ、バー、ギャラリー
2階をシェアオフィスにしてるだなんて!

わぁー!まさに、僕らが目指してることを既に形にしてるような、
たいへん参考になるケースだなと思った。

この日、突然、押しかけたにも関わらず、
主宰者の今村まりさんが、いろいろとお話しを聞かせてくれました。

LwP.JPG
LwPの今村まりさん

LwP asakusaを運営してるのは、
今村ひろゆきさん、まりさんご夫妻で、

本職は、建築関係のコーディネーター的なお仕事をされておられるとのこと。

そのお仕事の方では、Ma Ga Riというサイトも運営しています。

Ma Ga Ri
http://ma-ga-ri.com/

LwP asakusaは、本職からの派生的な取り組みとしてやっていることらしい。
シェアオフィスや、企画イベントの開催で、
運営自体は、とんとんでやっていけるくらいとのこと。

なるほどね。

Ma Ga Riでやってることもクリエイティブで面白いし、
LwPは、その専門分野とうまく連動した取り組みだし、
なかなか興味深いケースだなぁと思いましたよ。

LwPのブログを見てると、
ボロボロだった物件をみんなできれいにしていく過程なんかも公開してあって、
こういうのって楽しそうだなーって思わされる!
   
20100824_1026456.jpg
LwP asakusaさんのサイトより

リノベーション過程
http://lwp-asakusa.com/?cid=1

非常に参考になります。
今後も、連携をとっていきたい団体だなぁと思いました。

どうもありがとうございました。


ちょっとアンテナ張ってみると、東京には、
まだまだたくさんこういうスペースがあるんだよね!

こんな感じで、いろんなとこを巡りながら勉強させてもらって、
ジャンク派の基地の構想づくりに活かしていきたいと思ってますので、

みなさんからも「ここも行ってみればいいんじゃないの」って情報があれば、
ぜひ、教えていただきたいです。


よろしくお願いします。


CHEN
  
  
posted by ジャンク派 at 00:43 | Comment(0) | 【ジャンク派の基地】